ビルアンサー
ビルアンサー

ビル給水管 メンテナンスの裏技

ビルや建物を維持・所有していく上で、最も頭を悩ませるのが、

「水」に関するトラブルだと思います。

鉄筋コンクリート造の建物だと法定耐用年数は47年としていますが、

配水管の寿命は一般的に35年程度とされています。

建物よりも配水管の寿命が短いため、建物を所有している間に

漏水事故などの水のトラブルが起きる確率は非常に高いということです。

給水管トラブルの原因の1つにスライムと呼ばれるバクテリアによる

ヌメリや錆などの有機物による配管劣化があります。

これにより、水がだんだんサビっぽい味がしたり、赤い色になったり、赤い筋が残ったしてきます。

 このような初期症状が現れたら要注意です。

なぜ、給水管メンテナンスが必要なのか?

水によるトラブルは、発生前にメンテナンスしたいものの、

なかなかタイミングが難しいと感じるオーナーも多いでしょう。

給水管は目に見えないところにある、というのが理由の1つです。

床下や壁の中など、見ることができないところに配管があります。

また、「ここが原因だ!」と、原因の特定が難しいだけでなく、

建物の壁や床を壊して配管を取替えるという工事がほぼ不可能であるということも

あります。

なるべくコストをかけずに対策するには、見えない配管の中を見る、

建物を傷つけずに工事の範囲を限定して対処する、

といった技術が必要になります。

サビ水現象が出てきたら、どうすれば良いのか?

近年、「オゾン洗浄」という手法が注目されています。

これは、給水管内に「オゾン水」を注入し、水道管を傷つける事なく

衛生的に保つ事の出来る画期的な工法です。

「オゾン水」は塩素の8倍程度の殺菌力があり、その殺菌力の強い液体で、

配管内部の腐食の原因であるバクテリア類を完全に殺菌して配管寿命を延ばします。

しかも、自然に分解して酸素に変化するという特性があるため、安全性にも富んでいて、

医療器具や食品の殺菌の分野でも塩素に代わる殺菌物質である「高度浄水処理」として

導入されている技術だというのですから大変期待ができます。

ヌメリや錆などの有機物を酸化分解させ、さらに滅菌処理を施しながら異物除去を行うので、

その後の腐食防止にも効果を発揮します。

また、日本システム企画(株)が手掛ける、赤錆を黒錆化する「NMRパイプテクター」

という技術もあります。こちらは水の水和電子を利用した技術で、その効果は40年以上

と、築10年前後のの建物でNMRパイプテクターを実施したとすると、ほぼ建物の寿命と

同じくらい配管も長持ちしてくれることになります。

給水管は人間でいう血管みたいなものです。血管が詰まって、大病をわずらう前に、

建物の配管も綺麗にメンテナンスして長持ちさせたいものです。

記事協力:一般社団法人レトロフィットジャパン協会