ビルアンサー
ビルアンサー

ローカル5Gの導入はビルの差別化になり得るのか?

ローカル5Gの導入はビルの差別化になり得るのか?

5Gスマホが発売され、「5G」という言葉自体は聞いたことがあると思います。そもそも5Gとはどういうものなのでしょうか。

5Gとは、「第5世代移動通信システム」のことで、主な特徴として以下の3つが挙げられます。

①高速大容量

②低遅延

③多数同時接続

簡単に言うと、従来の4Gに比べて「早く・同時にたくさん繋がる」といった感じです。今、この5Gの特性を活かした「スマート工場」の実現に東京都をはじめ、多くの企業が取り組んでいます。このスマート工場の何が凄いのかというと、遠隔で遅滞なく作業することが出来ることです。

例えば、人間がするには危険な場所・作業をロボットでタイムラグなく行うことが出来ます。また、医療であれば、優秀な医者が遠隔で診察したり、手術できたりします。

農業であれば、農業の知識の無い人が畑で作業している時に、遠隔にいる知識経験豊富な人からアドバイスを受けながら農作業することが可能になります。先日も、TV番組の特集で、ローカル5Gを活用した農場が取り上げられ、ビニルハウス内には畑を見ることができるカメラが設置され、農作業する作業員はスマートグラスを掛けており、遠隔にいる農作物の生産に詳しい人のアドバスを受けながら農作業する様子が放送されていました。

こうして見ていくと、5Gスマート工場は、まさにコロナ禍におけるリモートワークそのものであり、活用しない手は無い、といった印象です。

この5Gですが、弱点がないのか?というと、ディメリットもありまして、

電波が直進的なことから障害物に弱い、と言う弱点があります。

一般的に、5Gの電波は大手キャリア(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天モバイル)に割当てられていて、キャリア経由で利用する、といったイメージです。ただし、受信する建物の立地条件によっては、周囲の建物が障害物となり、安定的に5Gを受信できない、と言う問題が出てきます。

そこで、今「ローカル5G」が注目されています。

「ローカル5G」とは、局所的に5G電波を利用できる通信システムのことで、限られたエリアで利用する、という条件のもとで5Gの免許が与えられるものです。企業や自治体など、この仕組みを利用して利便性を高めたり、外部のネットワークと遮断されていることからセキュリティ強化につなげる動きが出ています。もし、この「ローカル5G」をあなたのビルに導入したとすると、これは大きな差別性になるのは間違いないでしょう。

国内では、富士通が初めてローカル5Gの免許を取得しました。

その他、このローカル5Gを手がける企業としては、NTTやNEC、東芝やパナソニックといった企業が名を連ねています。

気になる導入コストですが、数千万から億に届くくらいのコストイメージのようですが、一部で補助金・助成金もあるようです。

東京都中小企業振興公社では、「5Gによる工場のスマート化モデル事業」という助成事業を行っていました(令和3年2月15日終了)

ローカル5Gの導入を検討したいビルオーナーは、常に新しい情報をチェックしておきたいものです。